Vオフィスでは、東京のバーチャルオフィスに関する役立つ情報を発信しております!
113view

バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスを徹底解説します!

バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスを徹底解説します!
おはようございます!

Vオフィス」の管理人です!

朝からご覧いただきありがとうございます!

今日は9月25日(土)です!

はじめに


起業・独立して、

これから、

バーチャルオフィスの利用を考えているという方の中には、

貸会議室サービスは何となくわかるけど?

具体的にはどんな仕組みなの?

と、疑問を持っている方も多いと思います。

そこで!

当記事では、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスについて、利用するメリットやデメリットも踏まえて説明します。

[目次]
貸会議室サービスについて!
貸会議室サービスとは?
貸会議室サービスの具体例!
貸会議室のメリットとデメリット!
貸会議室サービスのメリット!
    1.リアルな場所を借りることができる!
    2.自社のように振る舞うことができる!
    3.相手から信用される!
貸会議室サービスのデメリット!
    1.貸会議室が利用できない場合がある!
    2.サービス料金がかかる!
    3.相手から不信に思われる!
貸会議室サービスの対応状況!
最後に


貸会議室サービスについて!


以下、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスについてです。


貸会議室サービスとは?


まずは、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスそのものについて説明します。

バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスは、簡単にいうと、貸会議室サービスは、バーチャルオフィスの会社の会議室をバーチャルオフィス利用者が借りることができるサービスです。

貸会議室サービスの概要図

顧客や取引先から、バーチャルオフィス利用者の会社で会議をしたいというような場合には便利なサービスです。


貸会議室サービスの具体例!


次に、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスの具体例を説明します。

例えば、

起業・独立したあなたが、バーチャルオフィス会社Aと契約し利用する場合、契約したバーチャルオフィス会社Aの貸会議室を利用することができます。

具体的には、

・バーチャルオフィス会社Aが貸会議室を提供
    ↓
・あなたが貸会議室を予約
    ↓
・顧客や取引先と貸会議室で打合せ

というイメージです。


貸会議室のメリットとデメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのメリットとデメリットについてです。


貸会議室サービスのメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのメリットとなり、

大きくは、

1.リアルな場所を借りることができる!
2.自社のように振る舞うことができる!
3.相手から信用される!

という3つあります。


1.リアルな場所を借りることができる!


バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのメリットの1つ目は、

リアルな場所を借りることができる!

というメリットです。

やはり、バーチャルオフィスにおいては、住所を借りるだけということもあり、顧客や取引先などからの急な打合せの依頼があった場合など、貸会議室サービスでは、実際の場所を借りることができるというメリットがあります。


2.自社のように振る舞うことができる!


バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのメリットの2つ目は、

自社のように振る舞うことができる!

というメリットです。

先でも説明しているように、バーチャルオフィスでは基本的に住所を借りるだけため、実際の場所はないです。

そのような中で、貸会議室サービスでは、場所を借りることができるため、あたかも自分の会社のように振る舞うことができるというメリットがあります。


3.相手から信用される!


バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのメリットの3つ目は、

相手から信用される!

というメリットです。

相手がバーチャルオフィスであることを知らないような場合、実際の場所(貸会議室)へ案内することで、実体があると相手から信用されるというメリットがあります。


貸会議室サービスのデメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのデメリットとなり、

大きくは、

1.貸会議室が利用できない場合がある!
2.サービス料金がかかる!
3.相手から不信に思われる!

という3つあります。


1.貸会議室が利用できない場合がある!


バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのデメリットの1つ目は、

貸会議室が利用できない場合がある!

というデメリットです。

やはり、貸会議室ということもあり、自分がりようしたい時間帯に空いてない場合など、貸会議室が利用できない場合があるというデメリットがあります。


2.サービス料金がかかる!


バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのデメリットの2つ目は、

サービス料金がかかる!

というデメリットです。

貸会議室サービスは、住所貸しとは別のオプションサービスのため、住所貸しサービスに加え料金がかかってしまうというデメリットがあります。


3.相手から不信に思われる!


バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスのデメリットの3つ目は、

相手から不信に思われる!

というデメリットです。

先で、相手から信用されるというメリットを説明していますが、逆に、相手から不信に思われるというデメリットもあります。

バーチャルオフィスが提供する貸会議室や店舗にもよりますが、実際に顧客や取引先を招くということもあり、人の出入りが多いような店舗や貸会議室の場合、逆に相手から不信に思われるという可能性もあります。


貸会議室サービスの対応状況!


ご参考までに、

以下、当サイトでおすすめする東京のバーチャルオフィス5社の貸会議室サービスの対応状況となります。

バーチャルオフィス
対応状況
◯(対応)
-(未対応)
△(一部店舗で対応)

バーチャルオフィスの提供サービスにおいて貸会議室サービスは、主要サービスの一つということもあり、対応しているバーチャルオフィスはそれなりにあります。


最後に


今回、バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスについて、色々と説明したとおり、

顧客や取引先などを実体のある場所に招くことができるという点が何よりのメリットです。

なお、

当サイトでおすすめする東京のバーチャルオフィスについては、下記をご覧ください!

[ご参考]
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事


以下、関連記事です。

バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける電話転送サービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける電話代行サービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける郵送物転送サービスを徹底解説します!

よろしければ、ぜひ!

>おすすめコンテンツ!
Vオフィス
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!
当サイト(Vオフィス)は、東京にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社を紹介しています。起業・独立して、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。